Before

今回の事例は、普段使われているお気に入りの帽子に髪染めがついてしまったとのことでした。
“ヘアーカラー”は、仕上げの工程で、強力な色止めをしていることがあるので、シミ抜きが難しいシミの一つです。特に今回のご相談品は、シミのついた部分に固いプラスチック製の枠があり、革の飾りがついているため、そちらにしみ抜き剤が浸透しないように作業を進めていきます。

After
髪染めの色素よりも生地の色素の方が弱いこともありますが、その場合、色とシミを抜いた後に“色修正”という方法で、元の生地のように染料を入れ直す必要があります。
何とか無事にしみ抜き&色修正が終了です。

(今回の事例 髪染めしみ抜き一か所:1.000円)