ラメ飾り

海外の浜辺で結婚式をされた際に、ウェディングドレスに海水や砂がついてしまったとのご相談。ドレスの後方についている“トレース”と呼ばれる長く引きずる裾の部分に、海水や浜辺の砂が付着していました。

トレース

ウェディングドレスは成型が複雑で形が崩れやすく、ラメやスワロフスキーなどの飾りがついていることもあり、洗いダメージの少ない石油系のドライクリーニング指定が多いのですが、水溶性の汚れである海水などは、ドライクリーニングだけですべてを取り除くことは難しいです。

トレースに付いた砂を少しづつ払い、全体の形や飾りを崩さないよう、やさしく水手洗いを行いました。自然乾燥を行いながら、ハンドアイロンで飾りやプリーツを直す“復元仕上げ”を行い完成です。丁寧に処理していきますので、ウェディングドレスのしみ抜きには、お時間を頂くことがあります。

包装

(今回の事例 ウェディングドレス全体処理:10.000円)