このホームページの事例をご覧になってのご相談です。カーキ色の綿ズボンが太陽の光・紫外線により日焼けしてしまったそうです。折り目状に脱色していますね。

紫外線での色焼けは、光の力によって一部の色がなくなると変色してしまいます。オレンジや赤っぽくなっている日焼けは、青系の色が不足していますので、特殊な顔料を使い“色修正”“色補正”と呼ばれる復元加工を行っていきます。

普段使われているズボンは、折り目や保管方法によって、色の焼け方もまばらです。失われた部分に色を均等になるように入れながら、違和感を無くして行きます。色の抜け具合にもよりますが、大抵のものは人と話す距離から判らない位には修正は可能です。

最後に綺麗にアイロンをして納品。お客様も仕上がりに大変お喜びのようで、別の日焼けした衣類のご相談を頂きました。

(今回の事例 色補正:3.000円)