Before

綿のカバンが黄色く変色しているのでシミ抜きしてください。とのご相談ですが、実はこの黄ばみ(青矢印)は、シミではなく、綿のキャンパス地に、漂白剤などが付着したことでおきてしまった脱色です。ベージュを構成する色が失われ、色素として定着の強い黄色だけが残っているため、黄色く発色してシミのように見えます。

このような場合、失われた色素を染めていく、“染色補正”とよばれる復元加工を行っていきます。もともとは着物のシミ抜きで用いられる手法です。

 

After

染色補正を行い、最後に撥水加工を行い完成です。これで多少の水でも弾いてくれますので、ご使用の際に便利ですね。

(今回の事例 染色補正一ヶ所1.000円)