Before

ストライプ柄のセーターの紺色が脱色してしまったと長野県諏訪市のお客様からのご相談です。

ご家庭で袖口の黄ばみを取るために、塩素系の漂白剤に付け込んでおいたところ、生地が溶剤を必要以上に吸い込み、ボーダー部分に溶剤が達し、あっという間に紺のストライプが、茶色になってしまったそうです。

 

After

塩素系の漂白剤は、私たちクリーニング屋でも扱いには十分注意が必要な溶剤です。漂白力が強く、一度漂白してしまうと、なかなか色の修正が困難になります。今回修正用の染色剤が定着してくれる繊維のため、修正が何とか可能でしたが、品物によって難しいものもあります。まずはご相談ください。

(今回の事例 塩素系漂白剤の色修正10c㎡=1.000円)