今回の事例は、ヴァレンティノ(REDVALENTINO)のミニワンピース・ドレスの脇が黄ばんでしまったとのご相談。

夏場に別のクリーニング店に出して、そのままタンスで保管しておいていたところ、いつの間にかワキの部分が黄ばんできてしまったとのことでした。

夏場にドレスなどを着ますと気づかないうちにかなり汗をかいてしまうので、洋服が汗を吸っています。はじめは無色透明ですので、通常のドライクリーニング・乾燥をしてしまうと、何となく汗もなくなったような気がしますが、石油系のドライクリーニングはしっかりと事前に汗洗浄や水除去の処理をしておかないと、汗が残留し酸素と結合して黄色に変色してしまうことがあります。

今回は部分漂白とベージュの色直しを一緒に行い完了です。大切なドレスなどは、次回使うタイミングがわかりにくいですので、片付け前にしっかり汗除去をしてから保管をすることをお勧めします。

(今回の事例 脇の黄ばみ処理一か所:1.500円)

[`yahoo_buzz` not found]
LINEで送る