IMG_5229

諏訪大社御柱本宮祭も終わり、いよいよ小宮祭も各地区で行われています。今回はそんなお祭りの必需品“ハッピ”の襟首が黄ばんでしまったとのご相談です。 当店でも今年は、様々な種類のハッピ・腹掛、旗など、お祭り用品を多く取り扱させて頂きました。

ハッピはお祭期間中、準備も含めて、着っぱなしになってしまうことが多く、大抵が活動は野外ですので、砂埃やアスファルトなど粉塵、汗や皮脂などが刷り込まれ、思った以上に汚れています。

 

いざお祭が始まりますと、なかなかクリーニングする機会も少なくなってしまい、汚れた状態のまま使い続けてしまいがちですね。

IMG_5231

今回小宮祭が一段落で、法被を確認したところエリが黄ばんでしまったようです。写真ではわかりづらいですが、汗などが酸化し黄色く変色、もとのグレーの色を侵して一部の色がなくなってしまう“退色”の状態になっていました。

 

↓復元加工後

IMG_5233IMG_5237

今回は、粉じん汚れを除去し、エリ全体を漂白、失われた色を足して復元加工完了。

 

IMG_5228

大切なお祭り用品のメンテナンスは、経験豊富な小池ドライクリーニングにお任せください。

 

(今回の事例 法被エリの復元加工:2.500円)