IMG_5076IMG_5079

今回は、このホームページの同様な事例を見られてのご相談。

 

ドレスに血液がついてしまい、他店にクリーニングを出したところ、しみが残ったまま帰ってきてしまったそうです。写真ではわかりづらいのですが、若干全体も汚れがにじんでいます。

 

実はクリーニングには大きく分けて、水洗いとドライクリーニングとあるのですが、ドレスなど装飾品や複雑な構造をしているお洋服は、型を崩しにくい石油系のドライクリーニングで洗われることが多いです。

しかし、血液のシミは、この石油系の溶剤に入れてしまうと、逆に血液が固まってしまい、仕上げ時のプレスなどの熱により、さらに落ちにくくなってしまいます。少し茶色くなっているのはそのおかげです。

 

今回のシミもかなり固くなっていました。少しづつ硬化をなくしながら、滲んでしまった血液を、特殊な水洗いで全体的に洗い流しています。

IMG_5174IMG_5177

綺麗にさっぱりとしたドレスに復活です。今回事例に載せさせて頂くお願いについても、「私もこのページを見て助かりましたので…」とご快諾頂きました。ありがとうございます。

 

(今回の事例 血液の硬化したシミ一ヶ所:1.000円)